貧血改善には鉄分を補給する|過剰摂取に注意

女性ホルモンが減少

女性

女性は閉経してから大体5年前後のことを更年期と呼んでいます。この時期になってしまうとホルモンバランスが乱れて色々な症状が発生してしまいます。この時期の症状のことを主に更年期障害と言われています。女性なら今後誰でもなってしまう可能性はあるので、早いうちからしっかりと把握していくことが大事と言えます。更年期障害と診断するには血液検査が必要になります。更年期障害かを確認するために病院に行くのは、少々面倒に感じてしまいますが、病院で行なう血液検査が一番性格と言えるでしょう。この血液検査で女性ホルモンの濃度について調べます。この調べで、様々なことがわかり更年期障害と診断されるでしょう。
もし、更年期障害と診断されてしまったらどのような薬を処方されるのでしょうか。まず、更年期障害の治療には、ホルモン補充療法、漢方療法、その他の薬物治療の3つがあります。治療法によって処方される薬の種類に違いがあります。更年期障害の治療法で有名なのはホルモン補充療法になります。更年期障害になってしまう原因として、女性ホルモンであるエストロゲンが低下していることのため、このエストロゲンを外部から補うことで症状を軽減してくれます。この治療法では錠剤タイプ、貼り薬、塗り薬を使用します。また、漢方療法は、その名の通り漢方薬を使用します。漢方薬を使用するメリットとして、幅広い症状に対応してくれて、副作用のリスクが低いことがあげられます。更年期障害にはこのような治療法があり、自分にあった治療をしっかりと行なうことが大事です。